地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、花巻・北上・一関・奥州の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

花巻・北上・一関・奥州の地域情報サイト「まいぷれ」

営業状況につきましては、ご利用の際に店舗・施設にお問い合わせください。

珈琲自家焙煎店 はな

自家焙煎珈琲販売・喫茶店

冷めても美味しいコーヒー、飲んでますか?

0197-34-01090197-34-0109地図を見る
ケータイ・スマホで見る
「珈琲自家焙煎店 はな」冷めても美味しいコーヒー、飲んでますか?
体温に近い温度は、味覚が一番敏感に味を感じる温度です。
コーヒーが冷めたとき、温度に隠れていた酸味や雑味、えぐみが現れ、美味しくないと感じるのはそのためです。
「珈琲自家焙煎店 はな」は豆を芯までしっかりと焙煎することで、酸味や雑味、えぐみなく「冷めても美味しいコーヒー」をつくりだしています。

コーヒーの酸味や雑味の原因は、「芯の生焼け」

焙煎時に、豆の芯まで火が通っていないと「生焼け」状態になります。
芯に残った水分が腐敗の原因となり、これが不要な酸味や雑味、えぐみの原因となります。
コーヒー豆本来の風味を生かして焙煎するためには、気温や湿度、豆の品種や含有水分を加味し、焙煎中の排気温度と豆表面の温度を調整しながら、じっくりと時間をかけて豆の芯までふっくらと火を通します。

豆のうまみ成分でもある脂分を大事に、苦みが少なく、優しい酸味があり、豆が持つ優しい甘みが感じられるコーヒーになり、コーヒーが苦手なお客様にも、「美味しい」と感じて頂けます。
焙煎は、オーナーの経験と感覚が頼り。気が抜けない一瞬です。「珈琲自家焙煎店 はな」
焙煎は、オーナーの経験と感覚が頼り。気が抜けない一瞬です。
豆の表面温度を管理できる特注ロースターで焙煎しています。「珈琲自家焙煎店 はな」
豆の表面温度を管理できる特注ロースターで焙煎しています。

美味しい焙煎具合は、コーヒー豆が教えてくれます。

焙煎していると、次第に豆が膨らんできます。するとパチパチと音がし始めます。これが「1ハゼ」、豆の中の水蒸気の圧力が上がり爆ぜる音です。
いったん音が治まった後、今度は細かいバチバチという音がし始めます。これが「2ハゼ」と言われる瞬間で、豆の繊維が切れて爆ぜる音です。
芯まで火が通るのはこの「2ハゼ」の後、ここから先は、香り、色、ハゼる音などを感覚を研ぎ澄ませ、経験を元に見極めます。
しっかりと芯まで焙煎された豆は、表面と中の色が非常に近い色になります。
焙煎前後:表面と芯が同じブラウン色、ふっくらと仕上げます。「珈琲自家焙煎店 はな」
焙煎前後:表面と芯が同じブラウン色、ふっくらと仕上げます。
いつも笑顔で、美味しいコーヒーをお届けします。「珈琲自家焙煎店 はな」
いつも笑顔で、美味しいコーヒーをお届けします。

豆の個性を活かしたスペシャリティコーヒー

当店のコーヒーは単一銘柄7種、オリジナルブレンド1種のみです。
どれも明確な個性のある豆を厳選し、それぞれの風味の違いをお楽しみいただけるコーヒーです。

当店の喫茶スペースは、コーヒーと自家製ケーキとワッフルを提供しています。
スペシャリティコーヒーの中から、当日オススメの銘柄をお出ししております。
・コーヒー 400円(2杯目から300円)
名称珈琲自家焙煎店 はな
フリガナコーヒージカバイセンテン ハナ
住所029-4503 胆沢郡金ケ崎町西根二の台5-19
電話番号0197-34-0109
営業時間10:00~18:00
定休日火・水曜
駐車場あり
こだわり
ジャンル
最新のニュース一覧へ
写真(22件)一覧へ
    口コミ

    このお店・施設に行ったことがありますか?

    あなたの体験や感想を投稿してみましょう。

    最新の記事(全4件)一覧へ
    お店・施設を探す