地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、花巻・北上・一関・奥州の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

花巻・北上・一関・奥州の地域情報サイト「まいぷれ」

『この人に聞く』まいぷれリーフレット特集

小料理佐吉(さきち)× 佐藤章子さん【奥州市】

江刺発信! 新しい土曜の過ごし方提案「遅ランチと夕暮れ飲み」♪

仲良し三人組

(左:美奈子さん、中央:章子さん、右:弘美さん)

通称アッコさんこと、佐藤章子さんをご紹介します!

 

1981年(昭和56年)6月1日に「小料理 佐吉」としてスタートしたのは、アッコさんのお父様「佐藤佐吉」さんとお母様。川原町から六日町に移動してきた当時は、江刺で歴史ドラマ撮影の芸能人やロケ隊の方々が訪れるお店としても有名でした。

 そして、アッコさんご夫婦が佐吉で働くようになり、引き継いで今年で30年が経ちます。常に新鮮で、美味しい料理を食べてもらうことに渾身の力を注いできた最愛の夫「力さん」と、浅草仕込みの天ぷら職人・お母様と三人で頑張ってきました。

 

2020年(令和2年)は佐吉にとって大きなターニングポイントとなった年。

激アツ江刺」という地元江刺の食材を使ったグルメラリーに参加し、オリジナルメニュー「江刺牛のワイン煮込み(江刺りんご入りフロマージュブラン添え)を提供し、地域に賑わいを創出しました。

 また、新型コロナウィルスの影響で自粛期間があった時期も、「お客様に佐吉ができることは何か・・」と考え、自慢のデリプレートをテイクアウトにしたり、ランチタイムBOXを作ってみたり、常に応援して支えてくれるお客様のために全力で走り続けました。

力さんが残してくれた大切なレシピ

アッコさんの言葉を借りると「慌てん坊の力さん」は、まだまだやりたいことを残して、今年5月に天国に旅立っていきました。享年55歳。

今後の佐吉がどうなるのか、地域の人々が静かに見守ることとなります。

 

そして、2020年7月10日。力さんの思いを形に。大切なレシピを抱きかかえ、アッコさんの新しい佐吉が始まるのです。

 

夜だけの佐吉から、ランチの佐吉へのチャレンジ!

 

たくさんのお客様から「ランチはやっていないのですか?」のお問合せに、いつも心苦しく思っていたアッコさん。

 

「大好きな江刺に、もっと人々が集ってもらえたらいいな。力さんの夢を実現した新しい佐吉で、何か新しい取り組みが出来きないものか。」 地域の人々に励まされ、支えられて、ありがとうという感謝の言葉よりももっと最上級のありがとうを込めた、遅ランチ&夕暮れ飲み。この企画にはアッコさんの並々ならぬ江刺愛が込められております。

 

「佐吉をご利用のあと、ぜひ江刺を探検してほしいです! 遅ランチなら蔵町の散策や歴史公園へ、夕暮れ飲みならもう一軒、はしご酒。というのはどうでしょう??。」と笑顔がこぼれます。

 

毎週土曜日だけのランチは2部構成。

「遅ランチ」は13:00~15:00。

「夕暮れ飲み」は15:30~18:00。

土曜日は18:00で閉店となります。

 

遅ランチのメニューはInstagramで公開しておりますので、ぜひフォローしてみてください。

岩手県産の新鮮な食材を使用しています。

奥州市江刺の「ネギ屋」さんや、北上市の「うるおい春夏秋冬(ひととせ)」さんより、野菜を仕入れているそうです。ちょっと変わった、彩りのよいお野菜は、女子のハートをがっちり掴まれちゃいますね。

 

江刺りんごジュース

江刺愛宕の「岩本りんご園」様のりんごジュースをご用意しております。江刺に来たら是非味わってほしい特産品です。

佐吉の助っ人。

ランチタイムの助っ人は、同級生。阿吽の呼吸でお店をまわします。ランチの後には必ず反省会。お客様を飽きさせない女子たちの企みがここで生まれています。

 

一番の助っ人は力さんが残してくれたレシピ帳。

厨房の傍らに、力さんの写真とレシピ帳を置いて自分を奮い立たせているそうです。今回リニューアルする時に、新しくしたお店のマーク。力さんはお店にお花を飾ることがあり、「ピンクのバラ」がお好みでした。年を取ったらピンクの似合うおじさんになりたいと語っていたそうです。力さんがいた功績を残してあげたいと、オリジナルマーク「C」とバラをあしらえた素敵なデザイン。ぜひお店で見つけてみてください。

夜の佐吉も魅力たっぷり♪

夜の佐吉は洒落た居酒屋となります。

季節の野菜やその日のおススメを使ったデリプレート、ビーフステーキや牛たんなどが人気です。

ワインも各種おススメを揃えていて、ワインに合うチーズも揃っております。アッコさんのお母様が作る天ぷらや汁物、お漬物などはまさに「おふくろの味」。〆の食事に、パスタやおにぎりが人気です。

こだわりのチーズ。豊洲市場の問屋さんより買付けしています。

力さんの夢を形に。

ごゆっくりお寛ぎ下さい。

カウンターには夜のおススメが書かれたメニュー表が。見るのが楽しみになります。

最後に・・・

 

地元野菜を使うことへのこだわりは、「お店の役割と生産者さんの役割を伝えていきたい。お店が良くなるためには、お店で使う食材にも気を付けたい。見たことのないような野菜、食べたことのない味、関東圏に行かなくても贅沢な時間や空間を提供していきたい。ここにしかない大切なことがある。街中の皆で協力して、もっともっと楽しいことを考えていきたいです。」と意欲まんまん。

まいぷれスタッフも一緒に伴走しますからね!

 

「うんめばりんめ。こでらんねがす。まんづ、あべっ。」

(超絶おいしいお店です。堪らない美味さです。とりあえず行ってみよう。)

※佐吉さんの常連のお言葉です。

店  名 小料理 佐吉
住  所 奥州市江刺六日町2-10
電話番号 0197-35-5377
営業時間

17:00~22:00 火~金曜

13:00~15:00 土曜(遅ランチ)

15:30~18:00 土曜(夕暮れ飲み)

関連リンク Instagram
席数

カウンター 6席

テーブル3卓

個室1(4人~6人)

駐車場

お店の前 1台

お店向側 3台

六日町商店街駐車場(佐吉様の並び4軒南側)

小料理 佐吉

小料理店

食で季節を感じに来ませんか?

奥州市江刺六日町2-10