地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、北上・一関・奥州・西和賀・金ケ崎・平泉の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

北上・一関・奥州・西和賀・金ケ崎・平泉の地域情報サイト「まいぷれ」

お祭り情報

一関・平泉の冬まつり

一関・平泉各地の冬のまつりを紹介します。


元朝詣り

 

開催時期 2018年1月1日(月)
開催場所 中尊寺、毛越寺、達谷西光寺
内容 除夜の鐘と同時に初詣のため近郷近在はもちろん東北・関東からの参拝者でにぎわいます。
お問い合わせ先 中尊寺 TEL:0191-46-2211
毛越寺 TEL:0191-46-2331
達谷西光寺 TEL:0191-46-4931

 第26回磐井清水若水送り

開催時期 2018年1月1日(月)
開催場所 松川市民センター ※受付:12月31日23時から元朝0時まで
内容

北方の王者・藤原秀衡公が元朝に磐井清水を若水として汲み、里人たちの手繰りで奈良坂峠、東岳峠を越えて平泉の柳之御所まで届けさせたという故事にならい、平成5年正朝、約800年ぶりに再現。新年の幕開け行事として26回目を数えます。一関市東山町松川から平泉町の中尊寺まで行列を組んで約20kmの道のりを歩きます。

料金: 無料(白装束を使用する場合は1,500円、桧笠を使用する場合は500円)

お問い合わせ先 連絡先 磐井清水若水送り実行委員会 0191-48-2410(松川市民センター)

 

日本最大の新春餅つき大会

 

開催時期 2018年1月2日(火)12:00から

開催場所

一関市 大町通り
内容

歩行者天国となる大町通りで、臼(40基以上)と杵による餅つきを一斉に行い、初売りに訪れた方に無料で振る舞います。

お問い合わせ先 一関銀座会 TEL:0191-23-3434

 

毛越寺二十日夜祭

開催時期 2018年1月20日(土)
開催場所 毛越寺
内容 正月14日から20日まで新春の祈祷である常行堂の摩多羅神(またらじん)祭が執り行われます。特に結願の20日は二十日夜祭と称され、献膳式に引き続き古伝の常行三昧供の修法が行われます。さらに厄年の老若男女がたいまつの明かりを先頭に常行堂まで練り歩き、宝前に大根や白菜などの供物をささげて、無病息災、家内安全を祈願する献膳上り行列が行われます。最後に堂内では法楽として延年の舞が夜半まで奉納されます。
お問い合わせ先 TEL:0191-46-2331

もちくらべバイキング

 

開催時期 2018年1月28日(日)
開催場所 一関市厳美町 道の駅厳美渓
内容

一関市内の飲食店が提供する自慢のもち料理を、バイキング形式で食べられるご当地グルメイベント

チケット制:大人900円、小学生400円、未就学児は無料

前売券の販売はありません。

お問い合わせ先 もちくらべバイキング実行委員会 0191-29-2000(道の駅「厳美渓」内)

中尊寺節分会

開催時期 2月初旬
開催場所 中尊寺本堂
内容 節分の豆撒きは、招福の嘉例、立春大吉を迎える行事です。中尊寺の節分会には、歳男・歳女そして大相撲関取を迎え、近隣からも大勢の人が参集し、おかげさまで毎年境内がとても賑やかです。ことに、中尊寺伝承の『魔滅大師』(まめだいし)は、七難を払う護符であり、「雨過天晴」苦難を乗り切る心意気を示すものと好評です。
お問い合わせ先 中尊寺
TEL:0191-46-2211
FAX:0191-46-2216

一関市・大東大原水かけ祭り

開催時期

2018年2月11日(日) 9:00~15:50頃

(メインの水かけは15:00)

開催場所 一関市大東町大原 大原商店街ほか
内容

沿道で待ち構えた人達から容赦のない冷水を浴びせかけられながら、「火防祈願」「無病息災」「家内安全」を祈って勇ましく走り抜ける裸男達。360年前の江戸時代から続く伝統的な祭りで、極寒の2月に行われることから”天下の奇祭”とも呼ばれています。近年は全国からの参加者も多く、一関市、岩手を代表する冬の祭りです。

 

・裸男の参加費用:6,600円(装束を自前で調達できる場合は2,000円)
・駐車場協力金:1台500円(裸男も一般も)

お問い合わせ先 大東大原水かけ祭り保存会 0191-72-2282(大原市民センター内)

 

この記事に関するキーワード